美容師の靴選び

美容師の靴選び

美容師の靴選び

美容師にとって靴と言うのは商売道具の一つと言っても良いでしょう。仕事の間中ほとんどの時間を立って過ごすのですから、まずは一日中履いて長時間立っていたり歩いたりするのが苦痛ではない靴を選ばなくてはいけないでしょう。もちろん美容師としてファッションも考えなくてはいけないと思うのですが、自分にとって機能的な靴が一番良いのではないか、と思われます。また私達はあまり感じませんが、美容室の床と言うのはとても汚れています。髪の毛がどうしても髪の毛が散乱してしまうのは仕方のない事です。アシスタントの皆さんがカットする端から掃除をしてくれるような柏で美容師の求人は中途で高給与も有りますが、タイミングによっては床が髪の毛だらけ、という事もよくあります。そしてそのカットされた髪の毛はお客さんの座っている高さから降ってくるようなものです。美容師の足元にどうしても髪の毛が落ち毛来るので、その落ちてくる髪の毛が靴の中に入るようでは困ります。美容師の皆さんではなくても、髪の毛が一本自分の身体についているだけで、とても痒かったり痛かったりして大変ですよね。そんな状況になってしまっては美容師だって落ち着きません。かゆみや痛みでハサミを持つ手元が狂ってしまったりしたら大変です。ですから多くの美容師は髪の毛が入り込んだり刺さったりすることがないような靴を選んでいるのだと思われます。美容師にとって経ちっぱなしの仕事で常に靴を履いている状態では足の臭いが気になる環境となってしまっています。どうにかして靴の中の環境を良くしようと考えるならば、ほんとうはサンダル履きか何かにすると良いのですが、仕事上美容師がサンダルを履く事はあまりありませんよね。どうしても靴を履くとなるとまずは靴自体を通気性の良いものにするのが良いでしょう。ですがそこで困るのはたとえば布製のスニーカー等は通気性は良いですが、カットした髪の毛が入ってしまったり刺さってしまう、という欠点があります。美容師の靴としてはあまりふさわしくないものなんですね。どうしても隙間の少なくなる靴や髪の毛が滑り落ちるような素材のものを選ぶ美容師が多いものです。そうなると次に考えられるのは靴下やストッキングの素材を汗をかきにくいものにする、という事ではないでしょうか。たとえば綿100%素材の靴下、シルクの靴下などなら汗をかきにくく、雑菌の繁殖を防ぐことが駅ます。最近は足の臭いの気になる人のためにデオドラント加工を施したものもあるようですね。また女性美容師の場合、どうしてもナイロン製のストッキングやタイツを着用したいときがあると思うのですが、多くの枚数を用意して、仕事の休憩時間に履きかえるのも良いかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ