美容師の思い

美容師の思い

美容師の思い

多くの日本人が美容室へ通うタイミングの多くは一か月半から二か月と言われているようです。確かにそれぐらいのタイミングになるとヘアスタイルがまとまらないな、とか、髪の毛が伸びてちょっとうっとおしいな、と感じる時期となるような気がしますね。それはどうしてそれぐらいのタイミングでそう感じるようになるのか、というとどうやら美容師の方がカットする時にそうなるような計算をしているようなんですね。ひとの髪の毛と言うのはだいたい一か月に1センチ、早い人では1・5センチ伸びるペースなのだそうです。ですから美容師たちは一か月後ぐらいにはそのヘアスタイルが本人に馴染むように計算してヘアスタイルを作っているようです。そしてそれを過ぎるとだんだんと髪が伸びた、と感じてくる時期になるのだそうです。2か月ぐらいたつとお客さん自身が「ちょっとうっとおしいな」と思うぐらいの長さです。ですからもしも美容師が作ったベストなヘアスタイルをキープしておきたいならば、2か月になる前ぐらいに来店して、そのヘアスタイルを維持するのが良いはずなんですね。ですがなかなかそのタイミングにちょうど来店できるとは限りません。時にはかなり伸びてしまって元のスタイルがなかなか維持できない人もいますよね。美容室へ行くタイミングを考えてしまうのは、髪の長さの問題だけではありません。髪が伸びた、という状況になった時にはそれなりに誤魔化す事も出来ます。髪を括ってアレンジをしたりヘアアクセサリーを着けたりといった事で少々不揃いになったりボリュームがアップした感じを隠す事も出来るからです。ですがどうしても誤魔化せなくなってしまうのは、カラーリングをした髪の毛の色です。カラーリングをして髪色を変えたからと言って元の自分の髪の毛の色が変わる訳ではありません。ですから伸びてくる髪の生え際には当然地毛の色の髪の毛が伸びえてくるわけです。いわゆる「プリン状態」という状況になってしまうんですね。この状態がはっきりと解ってしまってみっともない感じになってしまうのはカラーリングの中でも明るめのカラーをした場合です。地毛の髪色の明るさも様々ですが、大抵の場合元の髪色が黒い人の方がより明るめの髪色に憧れて明るめのカラーリングをする傾向があるようですね。ですからそういう人たちは髪の毛が伸びる速さと同時に、元の髪色の部分が明らかに判る部分が出来てしまう事の方が気になると思います。一か月に一センチ伸びるとしたら一か月後には頭頂部に一センチほどの黒い円が出来ている様な感じになってしまいますね。自分では見えませんが周囲から見たら美容室へ行くのをサボっているのが一目瞭然となります。ヘアサロン 小岩駅 カット パーマ 縮毛矯正 口コミ おすすめ


ホーム RSS購読 サイトマップ