美容室へ行くタイミング

美容室へ行くタイミング

美容室へ行くタイミング

皆さんは美容室へ行くタイミングと言うのはどのようにして決めていますか。几帳面な性格の人なら「自分は〇ヶ月に一度」という様にきっちりと決めてそれを忠実に守っている人もいるかもしれません。一方で自分の気が向いた時、とか、ヘアスタイルを変えたくなった時、などわりとアバウトな感じだったり自分の気分的な事で決めていたりする人もいるかもしれません。美容室のの中にはヘアケアに熱心な美容師さんがいたりして、次回はいつ頃来たら良いのか、という事をアドバイスしてくれる美容師もいます。ですが多くの美容室では次回いつ来るか、という事はお客さん任せであることが多いような気がします。もちろん美容室の立場から言えば来店する頻度が高い方が儲かりますから、頻繁に来店してくれる事を望んでいるかもしれませんが、殆どのお店ではお客さんから予約が入るのを待つ状態が多いのではないでしょうか。もちろん商売ですから来店を促すようなメールとかDMとかでアピールしてくる事はありますが、それも決して強制ではありません。ですが実際には美容室の利益とか、お客さんの都合とかではなくて、お客さんの髪の毛にとって一番良いタイミングというのがあると思うんですね。そして本当は美容師はそのタイミングというのを解っているはずだと思われます。誰でも経験があると思うのですが、美容室へ行くタイミングと言うのは、お客さんにとっては懐具合とかなり関係があると思うんですね。美容室へ行く目的がカットのみであればたいていの場合五千円以内ぐらいで済みます。それでも学生のみなさんとかだったら、「今はお金が無い」と思ってしまう事もあるでしょう。ましてやカラーリングやパーマ、縮毛矯正などの高額なメニューを希望しているなら一万円では済まない事が殆どです。そうなってくるといつ美容室へ行ってその料金が必要になるか、という事はかなり重要な事になってきます。給料が出てからにしよう、とかボーナスをもらってからにしよう、とお金に関する事との兼ね合いで美容室へ行くタイミングを決めている人も多いと思います。もちろん2・3日美容室へ行かなかったからといって、体の具合が悪くなるわけではありませんし、急に見苦しくなるわけでもないので、みんな何とか折り合いをつけながら美容室を利用しているとは思うのですが、実際に髪の毛の事だけを考えた場合には、カラーリングは何か月に一度は診てもらった方が良い、とかパーマはどれぐらいのタイミングでかけ直す方が良い、というような事が有ると思うんですね。ですが美容師の方もお客さんに料金を支払ってもらわなければならないので、お客さんの希望に沿うタイミングを待つしかないという事もあるかもしれません。富里 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ