ブラッシングによるダメージから守る

ブラッシングによるダメージから守る

ブラッシングによるダメージから守る

シャンプー後、朝起きた時、スタイリングの時、私達は結構な頻度でブラッシングをしています。ブラッシングもヘアケアの一つだと認識している人も多い事でしょう。確かに髪の毛同士の絡まりをほどいたり、クセを抑えてたり、という事に対してブラッシングは有効です。ですがブラッシングをする事で髪の毛にダメージを与える事もある、という事もわすれてはならないでしょう。ブラッシングをする時にはブラシと髪の毛の間でかなりの摩擦がおきます。その摩擦を与える頻度が高いと髪の毛はだんだんと傷がついてきます。キレ毛や枝毛が増えてきた、と感じるのは案外過度のブラッシングが原因だったりするものです。ですからブラッシングの頻度も考えなくてはいけませんが、同時にブラッシングをする時にできるだけ髪の毛への負担を少なくすることを考えなくてはいけません。その時に役立つのがヘアオイルです。髪の毛の間をブラシがスムーズに通る様にする効果も有りますし、そもそもヘアオイルをつけていれば髪の毛の絡まりもひどくならずに済む事も有ります。髪の毛の流れを整えてくれますし、ヘアオイルを付けた状態でブラッシングをすると髪の毛につやが出る効果も期待できます。ぜひブラッシングの前にヘアオイルを髪に馴染ませみてください。ヘアオイルは油ですから、髪の毛の表面をコーティングする事ができます。その効果で期待できるのはまずはドライヤーなどの熱から髪の毛を守ることができる、という事ではないでしょうか。ドライヤーをあてるのは髪の毛に良くない、と思っている人も多いと思います。確かに髪の毛に長い時間熱を当てるのは髪の毛にとって良い事ではありません。ですがシャンプー後に濡れた状態で髪の毛を放置してしまう事もよくないことです。キューティクルが開きっぱなしの状態が続くことになるので、摩擦などで髪の毛が傷みやすくなるのです。ですからすばやくタオルドライとドライヤーで髪の毛を乾かす事が必要なのですが、早く乾かしたいがあまりかなり髪の毛に近い状態からドライヤーを当てている人も少なくありません。そうなると確かに熱によって髪の毛を傷めてしまう事もあるのです。そういう事を防ぐためにヘアオイルを使うとよいのです。シャンプー後にまずはしっかりとタオルドライをします。水分をしっかりと拭き取ったあとの髪にヘアオイルを塗ります。そうすると髪の毛の表面がヘアオイルによってコーティングされるので熱による過度の乾燥を防ぎ保湿状態を保つことができるのです。ぜひ試してみたください。乾かした後の手触りも違うと思います。美容室 ヘアサロン 栄 カット カラー パーマ 人気 安い


ホーム RSS購読 サイトマップ