冬の乾燥肌に対する対策について考えてみよう

冬の乾燥肌に対する対策について考えてみよう

冬の乾燥肌に対する対策について考えてみよう

人の肌は年齢を重ねるほどに乾燥肌へと近づいていきます。これは肌を守るバリア機能が機能しなくなり水分を守ることが出来なくなったり、そもそも水分自体が肌から失われていくからです。しかし乾燥肌は年齢だけで悩むわけではありません。一番悩むのは冬の乾燥肌です。気温と湿度が低くなり、肌を保護しているバリアが無くなってしまいます。本来肌の水分は肌の一番外側にある角質層が水分を蓄えていて、その角質層を肌の毛穴から分泌された皮脂が膜を作ることで保護しています。冬の寒さは血行不良や乾燥により、肌のバリア機能を壊してしまいます。人間の肌には再生機能が付いているので、一時的な乾燥によるバリア機能の低下なら自然と修復することが出来ます。でも冬の寒い季節は常に肌のバリアを壊す状態になり、肌の修復が間に合わなくなってしまいます。そのせいでずっと乾燥した状態が続くようになり、ひび割れやあかぎれなどの肌荒れに悩まされるようになるというわけです。冬のように常に乾燥する状態が続く季節は夏場以上のスキンケアや手入れが必要になります。ただ化粧水や美容液による保水と保湿を行うだけでなく体温の低下による血行不良の改善、ストレスや生活習慣の改善で肌の機能が低下しないようにするといった注意も必要です。冬は顔の肌だけでなく、手も足も末端は特に冷えやすく荒れやすいので全身をケアしてあげる必要があります。体を温めていくためにお腹周りを冷やさない、運動で体を温める等してまずは冷え対策を考えてみるといいかもしれません。岩槻 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ