働き方と料金

働き方と料金

働き方と料金

移動美容室の多くは、介護施設などと契約をしているものですから、料金は保険の適用範囲内で会ったり、入居者の施設利用料金に含まれていたりするものです。ですがやはり一般的な店舗の美容室と同じように料金設定が一応されているものです。多くは店舗へ行くときの料金とは変わらないものになっているようですが、それは美容師の事情によるようですね。たとえば店舗を持たずにトラック一台で移動美容室のみで仕事をしている美容師もいるかもしれません。そうなるとトラック自体の購入費、改造して美容室スペースを作った費用、ガソリン代、など店舗を持つときとは違った経費が掛かってくるものでしょう。ですが店舗を持たない分テナント料などがかからない、ということもあるでしょう。中には店舗を持ちながら以来のあった日は移動美容室で仕事をしている、という人もいるでしょう。そういう美容師の多くは美容室自体を個人経営でやっている人が多いでしょう。従業員を多く雇って予約も多くとっている美容室は、なかなか移動美容室と並行して営業する事は難しいかも知れません。逆に普段は美容室とは全く違った自営業を本業をもちながら、美容師免許を活かして移動美容室をやっている、という人もいます。どの様に働いているかによっても設定料金は変わってくるかもしれませんね。訪問美容師、とか看護美容師、などという美容師のあり方と言うのは、以前から取り上げられてきましたが、美容室ごと介護にかかわる移動美容室というのは、なかなか取り上げられることも有りませんでしたし、その様な働き方をする美容師の人数もまだまだ少ないものでした。ですが最近では多くのメディアがこの移動美容室を取り上げる様になりました。中にはそのメディアに取り上げられた移動美容室の様子をみて、利用者がとても明るい笑顔になってトラックから降りてくるのを見て、自分も開業を決意した、というような美容師もいるようです。これからの日本では、どうしても高齢者の割合が増える、という事は避けられません。また若い人であっても自分だけではどうしても美容室へ行くことが難しい人も、いつの世の中でも存在するものです。美容室と言うといつもとてもおしゃれで流行の先端を行く空間であり、そこで働く美容師もおしゃれで一目置かれるような存在でした。ですがそういう本当に最低限の清潔感や人並みのオシャレを求めている人の為に存在する美容室がもっと合っても良いですよね。認知症のお年寄りに移動美容室を利用する様にケアプランを立てたら、症状が軽くなった、という結果もあるようです。これからはもっと移動美容室が広がりを持つ可能性がありますね。門前仲町 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ