会計で恥ずかしい思いをする

会計で恥ずかしい思いをする

会計で恥ずかしい思いをする

みなさんも一回ぐらいはお店の会計で恥ずかしい思いをした、という経験があるのではないでしょうか。日常生活の上でお財布を持って支払いをする事は毎日のようにあります。ついついお金が入っていると思っていた財布の中に、思ったよりお金が入っていなかった、という事は誰にでもあることです。ですがその状況が起こってとても困った状況になってしまうのは、美容室や病院だと思うんですね。なぜなら何かを買う、という目的のためにお金を支払うのであれば、お金が足りないと気付いた時には「その品物を購入する事を辞める」という事でなんとかお金が足りない、という困った事態を解決する事ができます。ですが美容室や病院と言う所は、自分の身の回りの事に対して何かをしてもらったその代金を支払うわけですから、もう事が終わってしまった段階で支払いをするケースが殆どです。病院で診察する前に前払いする、なんてことは絶対にありませんよね。美容室も同じようなものですべての施術が終わってから支払いとなりますから、今更「お金が足りないのでパーマは無かったことにしてください」と言う訳には行きませんよね。それに美容室と言う所は病院とは違ってオシャレな場所です。そんな場所で「お金が足りない」という事態になるのはお客さんとしてはとても恥ずかしい思いをするに違いありません。美容室に行くとき、というのは多くの人が予約を入れてからその時間に行くものです。ですから他の買い物のように衝動買いをする、とかふらっと立ち寄る、というような行動ではないですから、普通やあらかじめ予測される金額をお財布に入れていくものです。ですが人間ですからうっかりする、という事は避けられません。出かける目的は美容室であったとしても、少し早く出たから衝動的にお店に入って買い物をしてしまった、という事もあるかもしれません。つまり「うっかり持ち合わせがなかった」と言う事がいちばんお金が足りない、という事の原因だと思うんですね。お客さんの方にまったく悪気はない訳です。まさに「ついうっかり」です。ですがそれでも10円でも足りなければ支払いを完了させたことにはなりません。美容室の会計で「5200円です」と言われて200円足りない、と気付いた時には冷や汗ものですよね。「すみません、少しお金が足りなくて」と言うのにどれほど勇気がいるか、という事は簡単に想像がつきますね。聞いた方の美容室のスタッフも思わず「どういったらよいのか解らない」という状況になってしまう事でしょう。それでもそれが代金である以上、会計を誤魔化す事はスタッフには出来ません。悪意が無いとしてもなんとかしてその代金は回収しなければならいものです。清澄白河 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ