結婚しても働ける環境

結婚しても働ける環境

結婚しても働ける環境

では結婚してもこの篠崎の美容師は週休二日で正社員で働きたい、と思えるような職場を作るにはどうしたら良いか、と言えば結婚している美容師が求める環境をの整えればよい、と言う事になるでしょう。給料も家族を養う事が出来るだけ十分に支払う、子どもの行事などに合わせて休暇を取ることが当たり前であるような環境を作り周囲からも理解されるような雰囲気を作る、と言ったことかもしれません。ですがおそらく簡単そうにそう言えば経営者の皆さんは頭を抱えるに違いないでしょう。そんなに既婚者に対して優しい職場作りをする事は、かなりハードルが高いと思われます。一つには給与面でしょう。長期的にそういう準備をすれば何とかなるかもしれませんが、結婚しているから、年齢を重ねているから、と言う理由で給料を上げる、と言う事はそれだけ人件費がかかる、と言う事です。簡単にいえばスタッフ全員が既婚者でそこそこの年齢になっている場合と、20代ぐらいの若い美容師ばかりのお店とではかかる人件費がかなり違ってくる事になるでしょう。もちろんベテランの美容師がそれだけ集客力があればベテラン美容師に高い給料を支払う価値があるかもしれませんが、若い美容師とそんなに変わらない働きをするのであれば、結婚しているか、ベテランだから、と言う理由だけで給料を多く支払う事は経営上無理だ、と言う事になってしまいそうですね。美容師が「仕事辞めたい」と考える時期は結婚を考える時期と重なっているとも言われています。なぜ結婚を考えるにあたって仕事辞めようと思うのでしょうか。本来であれば家族が出来るのであればそれを励みにしてより一層仕事に打ち込む、というのが当たり前の姿であるように思うのですが、そうはならない事には理由があると思われます。その多くの理由は「給料が少ない」と言う事なのだと思うのです。雇われている美容師の給料は良くない、というのは一般的によく言われている事ですが、20代、30代の結婚を考える時期に「この給料で家族を守っていけるのだろうか」と言う不安を持つ美容師が多い、と言う事になるのではないでしょうか。また休日が少ない、休みが自由に取れない、と言う事も家族を持つことを考えるとネックになるのではないでしょうか。つまり美容師と言う職業は家族を持つことに対して不向きな職業である、という事になるのかもしれません。それでも今の環境であっても家族も持ちたいしこのお店で働く事も諦めたくない、と思うのであれば当然ですが家族の理解が必要になります。つまり家族にとってもその美容室で配偶者や親が働く事に対して誇りを持ってもらえるようなお店でなくてはならない、と言う事になりますね。


ホーム RSS購読 サイトマップ