ロングからショートへ

ロングからショートへ

ロングからショートへ

イメチェンと聞いて一番に思いつくのは「髪の長さを劇的に変える」と言う事だと思われます。いわゆる「バッサリと切る」と言う感じですね。ロングヘアの人なら特にある日突然ショートヘアになってきたら、それはかなりのイメチェンです。多くの人がイメチェンをする時にはまずは「髪の長さを変える」と言う事を選択すると思うのですね。そこには、パーマやカラーリングであれば、たとえその結果に満足できなかった場合でも、どうにかすれば元に戻す事が出来るけれども「髪を切る」と言う行為だけは、どうやっても元に戻す事が出来ない、後戻りはできない、と言う覚悟を持ってイメチェンをするぞ!という決意の現れの様なものがあるのではないでしょうか。ですから美容師もその思いに応えなくてはいけない感じですよね。よくバッサリ切ってください、と言うお客さんに対して「本当にいいですか?」「後悔しませんか?」「本当に切りますよ!」というような声掛けをする美容師がいると思うのですが、お客さんにとっても決意の必要となることですが、美容師にとってもそのあとでお客さんが本当にすっきりとした表情をしてくれるかどうか、と言う事がとても気になる場面だと思いますし、責任重大、という感じなのではないでしょうか。これまでお世話になっていた行きつけの美容室の求人の就職は業務委託の町田駅でイメチェンをしようとする場合には、美容師さんがじっくりと相談に乗ってくれる事と思います。ですから仕上がりには納得が出来るかもしれませんが、これまでの自分の髪のくせや好みをすべて解っていてくれる美容師ですから、せっかくイメチェンしようとしたけれども、結果的にあまり変わっていないなあ、と感じてしまう事もあるかもしれません。確実にイメチェンしたい、という決意をしているのであれば、いっそまったく別の美容室へいってみるのも良いのではないでしょうか。全く自分の事を知らない美容師が、先入観のない状態で新しいヘアスタイルを提案してくれる事になるので、確実なイメチェンができるのではないでしょうか。もちろん知らない美容室へ行く事はとても勇気がいる事と思いますから、どの美容室へ行くか、と言う事はよくよく下調べをした方が良いですよね。ですが長年付き合ってきた美容師はそのお客さんに対して思い入れがあるので、あまりにも劇的な変化というのはなかなか決断できない事もあると思うのです。なぜならそれまで長年自分が提案してきたヘアスタイルを劇的に変えたい、と言われても、その美容師の感性やセンスが変わる訳ではないので、どうしても「その人に似合うと思っている部分」に関しては、どこかしら譲れない思いを持っているものだと思うのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ