お客さんの願いをかなえる美容師

お客さんの願いをかなえる美容師

お客さんの願いをかなえる美容師

お客さんたちが美容室に来る目的は、自分のなりたいスタイルを作ってもらう事です。ですからお客さんが評価する上手い美容師とは、その願いを必ずかなえてくれる美容師である、といえるでしょう。つまりお客さんに似合うスタイルと的確に判断し、その通りに作ることができる美容師だ、という事になりますね。このことはおそらく美容師の側からすると、とても大変な事だと思うんですね。なぜなら美容師はそもそもお客さんの言う事を聞くだけのために学んできている訳ではありません。どんな人にはどんな理由でどんなスタイルが似合うか、という基本的なセンスの様なものを学んできていますから、お客さんの希望と、自分が持っているセンスが食い違うと困った事になるでしょう。この方が絶対に似合うに決まっているのに、お客さんの希望はそうではない、となった時にどうやって折り合いをつけるか、という事が試されます。お客さんの願いをかなえる事に徹するか、似合うスタイルを押し通すか、というはざまに立たされた時に、どうやってお客様が満足する似合うスタイルを提供するか、という手腕が問われるものだと思います。その折り合いを上手くつける事が出来る美容師が、お客さんにとっても良い美容師、と評価されるのかもしれません。美容室に来るお客さんたちは、髪をキレイにしてほしい、という目的を持って美容室に来るわけですが、実際に来店してその美容室や担当美容師の事を評価する時には、ヘアスタイルの出来栄えだけで評価するわけではありません。その美容室で過ごした時間の充実度も評価する事が多いものです。実際にヘアスタイルの良し悪し、というのは素人にとってはそのスタイルが気に入るか気に入らないか、という問題でもあります。そのカットの方法がいかに難易度の高いテクニックを要するものであったか、という事ははっきり言ってしまえばお客さんにはあまり関係が無いのです。その結果自分が満足出来ればそれで評価するものです。そしてそれよりも評価のウエイトを占めるのは美容室や美容師の自分への対応だと思われます。無意味に待たされた時間が長い、とか、やたらと騒々しくて落ち着かなかった、というような事も美容室や美容師の評価につながります。どんなに素晴らしいテクニックを駆使して作ったスタイルであっても、その美容室に居る時間が心地よいものでなければお客さんは良い評価を下さない、という現実があると思います。そこが美容師という仕事の一番難しいところなのではないでしょうか。決してい美容室はサービス業だとは言い切れませんが、そういう意味合いもかなりあるようですね。池袋 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ