寝具の様子

寝具の様子

寝具の様子

寝具の扱いについては各家庭のあり方があると思うのですが、寝具を洗う頻度というのも各家庭によって違う物だと思います。毎日洗うのが勿論理想的なのですが、なかなかそうは出来ない家庭も有りますし、そもそも気にしない、という家庭も有るかもしれません。自分の家庭がどうだったか、という事が年を重ねていくにつれてそれも生活習慣として取り込まれていくと思うのですが、もちろん寝具は常に清潔であることが望ましいです。これは単純に不衛生だ、というだけではなくて実は頭皮や髪の毛にとって重大なトラブルを引き起こす可能性が秘められているんですね。寝具はねている間に大量の汗を吸いこんでいます。そのままにしておくとダニなどの害虫や雑菌の繁殖を引き起こします。みなさんは肌に対する害を心配するかもしれませんが、実は忘れがちなのが頭皮や髪の毛です。頭皮は髪の毛に守られている、という感覚があるかもしれませんが、たしかに頭皮は髪の毛に守られていてもその髪の毛自体は裸の肌と一緒です。寝具が不衛生であれば直接触れるのは髪の毛です。油断しているうちに髪の毛が雑菌に曝されている状況を作ってしまうんですね。それが当たり前である生活習慣と言うのは、必ずや年齢を重ねた髪の毛や頭皮にも影響を及ぼしている事でしょう。世の中は一昔前と比べると昼間が長くなったとも言えるぐらい夜型の生活をしている人が増えました。これはサービス業が盛んになった事が原因だと思われますが、サービス業に従事している人は夜も働かなくてはいけない人が増えたのです。夜に働くという事は本来人間が持っている生活のリズムに反する事になります。仕事以外で昼間でなくては出来ない事も有るので、サービス業に従事している人たちは睡眠部族になりがちです。このことが頭皮のトラブルを招くケースも良くあります。若い頃にそういう仕事に従事していた人はそのころから加齢による症状と似た様な症状が出る可能性もあります。そうなると人よりも早くから加齢を感じさせる白髪などに悩まされることになるでしょう。頭皮や髪の毛の状態を良い状態に保つためには血液の循環が何よりも大切です。睡眠不足はそれを妨げる大きな要因となり得ます。若いころから早寝早起きと言う生活のリズムを守ってきた人は年齢を重ねても黒々とした髪の毛をしている人が多いとも言われています。今まだ自分は若い、と思っている人は今から生活習慣を整え、出来るだけしっかりと睡眠をとる生活を心がける事で少しでも加齢による症状の出現を遅らせる事が出来るでしょう。サービス業に従事している人は特に心がけるべきことでしょう。吉祥寺 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ