ショートへアにする理由

ショートへアにする理由

ショートへアにする理由

若い人たちは、時に「どうして40代以降の人はショートヘアの人が多いのだろう?」と思った事はありませんか?その理由はおそらく自分が40代50代になってみると解ると思うのですが、そのころになると髪の毛がうまく立ち上がらなくなって頭皮に貼りついた様な感じになる人が多いのです。もしも髪の毛を長く伸ばしているとどうしても重力の関係で髪の毛が下に向った引っ張られる力が働きます。毛先から立ち上がる力が弱くなっているので、結果的に毛穴からすぐに折れた感じで下に向いてしまうんですね。ですから長ければ長いほど髪の毛がペタっとしてみえてしまうんですね。その現象に気付くと多くの人は髪の毛を伸ばす事を辞めてショートヘアを選択するようになるのです。ショートヘアの方が髪の毛が重くならないのでふんわりと見せる事が可能なのです。40代以降でもロングヘアにしている人は年齢の割には髪の毛の健康状態が良い人だったり、立ち上がりが上手くいく様に自分でヘアケアをしている人だと思われます。もっともパーマをかける事でボリュームアップしている人もいますし、中には部分的にウィッグを利用している人もいるかもしれませんね。40代以降になると、いろいろな工夫をして実年齢以上には見られない様にしているんですね。よく久しぶりに同窓会などに出席すると「老けたな」と感じるクラスメイトがいたりするものですよね。男性同士でも女性同士でも、おそらく老けて見える人の多くは髪の毛のボリュームが無くなっているのではないでしょうか。ハゲている、とまではいかなくても髪がペタッとしている、というだけでかなり年齢が上に見えてしまいます。かつての溌剌とした姿を知っている同級生ならばちょっとショックだったりもしますよね。極端な話ですと髪の毛のボリュームダウンが原因で年齢が5〜7歳ぐらい老けてみられる様です。ですから逆に言えば髪の毛のボリュームを維持する事が出来るならば実年齢、もしくはそれよりも若く見られる可能性もある、という事です。そのためにはやはり髪の毛のボリュームが大切です。髪の毛のボリューム、というのは確かに髪の毛の太さや髪の毛の本数もあるのですが、もっと身近なところでは、今生えている髪の毛がきちんと毛穴から立ち上がっているか、という事がたいせつなんですね。なかなか髪の毛の立ち上がりがふんわりとならなくなってきた人でも、少しの工夫でうまく立ち上がるようになります。たとえばドライヤーで髪の毛を乾かす時に、分け目をは逆の方向に倒しながら乾かすのです。それだけでもずいぶんとボリュームが違ってきます。美容室 ヘアサロン 二子玉川 カット カラー パーマ 人気 予約


ホーム RSS購読 サイトマップ