スタッフ会議や朝礼の必要性

スタッフ会議や朝礼の必要性

スタッフ会議や朝礼の必要性

スタッフ会議や朝礼の必要性

 

よく一般的な企業などでも朝礼とかスタッフ会議といったものをやっていますが、こういう場はかなりスタッフ間のコミュニケーションを図る場所となっていると思われます。そういうものは経営に携わる者だけがやればよい、というものではなくて、この美容室の今の現状やこれからやるべきことなどは、美容師全員にも知っておいてもらう事が必要だと思うのです。知らされている、聞いている、と言う事はそれだけでも仲間意識を産むと思います。仲間意識があれば「自分は必要とされている」という自己肯定意識につながるのではないでしょうか。お店の事は良く解らない、ただ自分はひたすら練習をしている、と言う日々では社会に出て働いている、と言う自覚が持てないままになってしまいます。ですがささいな朝礼の場面であってもそこで皆と一緒に声を合わせて目標を唱和するだけでも、仲間である、この美容室のスタッフの一員である、と言う気持ちが生まれると思うんですね。そういう美容室内でも自分の居場所の様なものがあればたとえ仕事がきつく感じられるときがあったとしても、なんとか超えて行けいるものなのではないでしょうか。ただの業務連絡ではなく、スタッフが一丸となる時間として会議や朝礼、終礼の様なものは意味があるように思いますね。

 

数字目標の共有

 

目標を持つ、と言う事は良い事なのですが、ただ「これが目標だ」というだけではその目標の達成感を実感する事が少ないと思うのです。たとえば「新規のお客さんがたくさん来るように頑張りましょう」というのと、「今月は一か月の間に新規のお客さんを〇人獲得しましょう」と具体的に数字が示されているのとそうではないのとでは随分と力の入れ方が変わってくると思うのです。よく目標を達成するために「カウントダウン」というのをやりますが、これはかなり効果があるのではないでしょうか。そしてたとえまだ練習ばかりしているアシスタントの立場であったとしても、その目標の数字がクリアされていくのを見るのはとても気持ちが良いものだと思います。「日々あと何人!」と数えるのは緊張感がありますし、まずは自分もその数字を他のベテランスタッフと共に共有している、と言う事はとても嬉しい事でしょう。個人の目標としても同じです。漠然とカットモデルをたくさん獲得してカットの練習をする、というだけではなく、いつまでに何人のカットモデルを獲得し、それらの人を〇日までに全員カットする、と言う風な目的を持ち、さらにそれを先輩方にも共有してもらえば、自分と一緒になって「あと何人」と言う事をカウントダウンしてもらう事ができますね。

 

特選サイト

武蔵浦和で美容師で正社員

武蔵浦和 美容師 転職 正社員

 

海老名駅の美容室で採用されるには

美容室 求人 就職 採用 海老名駅

 

迷ったら吉祥寺のヘアサロンへ

吉祥寺のヘアサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ