美容師のプロフィールは参考になるのか

美容師のプロフィールは参考になるのか

美容師のプロフィールは参考になるのか

美容室や美容師を探している時に口コミと同時に参考にするのが美容師の紹介ページではないでしょうか。プロフィールを見てみると自己紹介と共に自分が得意であるメニューなどが記されている事と思います。ここで参考にすべきはその人の経歴や入賞経験などだと思われがちですが、実際には自分がしてもらいたいと思うスタイルをその美容師が得意としているかどうか、という事だと思うんですね。漠然と「ベテラン」だとか「入賞経験豊富」だとか言っても、結局自分が作ってもらうヘアスタイルの仕上がりが満足できるかどうかがお客さんにとっては一番大切だと思うんですね。いくら経験が豊富でも自分が必要としている技術に関しては不得意な美容師であったならば、結果的に満足できない可能性もあるんですよね。ですから美容師のプロフィールを参考にする時には、自分が何をしてほしくて、どうなりたくて美容師を探すのか、という事をまずはきちんと設定しなくてはいけないと思われます。また最近では美容師が自分の作ったヘアスタイルをインスタグラムなどで紹介している事もよくあります。自分がなりたいヘアスタイルの画像を見つけて参考にしてみるのが良いかもしれませんね。もしも気に入った画像とその担当者が見つかったら、その画像を示してオーダーすると良いでしょう。美容師を探している時、良い美容師と出会いたくて探している時に参考にするのはネットなどの口コミだと思います。ですがこの口コミを参考にして実際に行ってみてその美容師を指名してみた時に、どれほどの人が口コミ通りに満足できるのでしょうか。実際には「口コミほどではなかった」「全く違った」という意見もかなりあるように思います。それはその美容師に対する評価というのは、そのお客さんが美容師に何を求めていて何に満足したか、という事が個人個人で違うからではないでしょうか。たとえば美容室へ行く目的がキレイになることは勿論だけれどもその美容室でいかに楽しく過ごすか、という事にウエイトがある人にとっては、美容師のハサミさばきよりもトークの面白さの方が重要視される可能性も大きいですね。「あの美容師はとても良かった」という評価にはつまり「トークがとても上手だった」という評価のウエイトが大きい、という事になるかもしれません。その口コミを見てハサミの技術にこだわる人が来店した場合、「トークは楽しいがカットの技術が良くないので口コミほど満足できなかった」という結果になってしまうでしょう。口コミを見る時に意識しなくてはいけないのは、良い評価も悪い評価も「自分にとっては」という前置きが必ずある、という事でしょう。美容室 上福岡 カット パーマ トリートメント クーポン ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ