担当美容師との関係

担当美容師との関係

担当美容師との関係

みなさんは今担当してもらっている美容師とは、何年ぐらいの付き合いをしているのでしょうか。学生のころからお世話になっている、という人もいれば、いわゆる美容室難民で担当美容師どころか行きつけの美容室すら決める事が出来ていない、という人もいるかもしれませんね。一度担当してもらった美容師に対して不満が無ければそのままその美容師が担当美容師となることが多いものですが、その美容師に担当してもらっているうちにその美容師に対して不満が出てくることも有れば、全く不満なく長く付き合う事が出来る美容師もいるでしょう。その美容師に対して不満を持ち始める一つの原因として、関係がなあなあになってきた、というケースがあるのではないでしょうか。お客さんの方も最初は緊張していて伝えるべきところは全て言わなきゃ、という感じでいたかもしれませんがしばらくすると「この程度は言わなくても」という気持ちが出て来るものでしょう。そして問題なのは美容師の方で、そのお客さんを常連さんにするまではとても熱心に接してくれるものだと思いますが「この人はもう常連だ」と確信が持てるようになると、とたんに態度を変えてしまう美容師もいるようです。悪気がある訳ではなく次回もきっと来てくれる、という安心感からなのだとは思いますが、これがお客さんの心が離れてしまう最も大きな原因だと思いますね。長い間同じ美容師に担当してもらっていると、その美容師が何らかの事情で長期で休むという事態に出会ってしまう事があるでしょう。いちばん可能性が高いのは女性美容師が育児休暇や産休を取るケースだと思われます。その時にその美容師がいない間にどうするか、ということがお客さんにとっては悩みどころとなるでしょう。多くの美容室では当然ですが別の美容師を担当にして引き続きこの美容室に通ってほしい、と思うものなので、代わりの美容師を勧めてくる事と思います。あるいはあらかじめ休暇に入る前に「私が休んでいる間にこの美容師に引き継ぎたい」と言って来るかもしれませんね。その時にその代りの美容師の事を気に入ればよいのですが、最初からその美容師はちょっと…と思っている様な時には難しい選択をしなくてはいけなくなりますよね。元々の担当の美容師が戻ってくるまでその美容師で我慢するか、引き継がれた美容師には申し訳ないけどさらにその美容室内で別の美容師を指名してみるか、最悪の場合は美容室ごと変えてしまうか、というような選択肢になってくると思いますね。思い切ってこの際別の美容師に行ってみるのも良い選択かもしれませんが、元々の美容師が戻ってきた時にそれまで別の美容室に行っていた、という事も言いづらい感じですよね。関内 ネイルサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ