店長をしている

店長をしている

店長をしている

美容師の中でも「この人が店長さんなんだって」と言われると即座に「ではこの美容師が上手な美容師なんだ」と思ってしまいますよね。このように私達は美容師の評価をする時に、その人がどのようなポジションの美容師か、という事で持って判断する事が多いですよね。当然美容室側もその美容師の事を評価しているからこそ店長と言うポジションを与えているのでしょうからその評価基準は決して間違いではありませんよね。ですが、店長さんを指名すれば必ずや自分の満足するスタイルを作ってもらえるか、というとそういう事でもないですよね。もし誰の評価も同じように店長さんが良い、という事になれば他のスタッフにはまったく指名が入らない、という困った状況になってしまうでしょう。ですが実際には差があるにしても、他のスタッフも活躍している訳ですから、人によっては「店長さんがいちばんとは思わない」と言う人もいるかもしれません。また店長の人気故に「予約が取れない」とか「指名しても掛け持ちされる」という状況になってしまうと「店長を指名しない方が予約が取りやすく早く終わる」というメリットを優先するお客さんもいると思います。美容室に何をどこまで求めるか、によってお客さんの評価は変わってきますからね。美容師仲間の間でよく言われているのは、良い美容師と言うのは常に努力を惜しまない美容師だ、という事があります。美容師の世界と言うのはここがトップ、という明確な最終地点というものがありません。なぜならヘアスタイルや髪の毛に関する流行り廃りというのは限界というものがありません。これで終わり、という事はないわけです。しかもこれまでの常識や流行が全く通用しなくなってくるような時代の流れというものもあります。それらに対して常に敏感に反応して、その時代でのトップを目指すためには想像以上の努力が必要でしょう。それはただハサミを使う技術が素晴らしい、というだけではなく、その流行をキャッチする、または先取りする、というような敏感なアンテナを持ち合わせていなくてはいけませんし、それをいち早く取り入れる、という行動力も必要となります。常に対一線で評価されようと思うならば全てにおいての努力が必要となる事でしょう。それが出来る美容師と言うのは、美容師仲間の内でも評価に値する美容師だと言えるのでしょう。今の現状に満足しない、常にお客さんに最善のものを提供できるように努力をする、そういう姿勢を持っている美容師こそが美容師からも評価される美容師だと言えるようですね。三軒茶屋 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ